1. ホーム
  2. シトルリンと他成分の比較
  3. ≫アルギニンを飲めばシトルリンがなくてもペニスが増大する?

アルギニンを飲めばシトルリンがなくてもペニスが増大する?

アルギニンは、シトルリンと同じくペニス増大によく使われる成分です。

arginine_02

総合成分型のペニス増大サプリには必ず配合されているし、アルギニンに特化したサプリメントもあります。

ペニス増大に使われる成分はいろいろあるけど、よく聞くのが「アルギニンが配合されていればシトルリンはいらない」といった内容。

アルギニンの方が大事だという情報もあります。

アルギニンだけでペニスは大きくなるのでしょうか?

アルギニンを飲めばシトルリンを飲まなくてもペニスが増大するのでしょうか?

アルギニンだけでいいと言われる理由

アルギニンだけでいいと言われるのは、おそらく「シトルリンは体内でアルギニンに変換される」という情報からきているのでしょう。

確かに、摂取したシトルリンは体内でアルギニンに変換されます。

arginine_01

正確には「シトルリンとアルギニンの変換を繰り返しながら体内で使われる」という表現が正確です。

アルギニンはプロテインやグルタミンと同じアミノ酸成分で、体の細胞を作りだしたり、ペニス増大に欠かせない男性ホルモンの分泌を促します。

一方でシトルリンはペニスの血行を増大させて、ペニスに栄養分を届きやすくさせます。またペニスに勢いよく血液が流れこむことで、ペニスが反り返るように力強く勃起します。

2つにそれぞれ違う目的があって、それぞれ変換しながら終わるまで使われ続けるのですが、「シトルリンは体内でアルギニンに変換されるなら、はじめからアルギニンだけ飲めばいいんじゃないの?」というのが広まっているようです。

ペニス増大成分の吸収率が重要

ペニスを大きくするためには、ペニス増大成分の吸収率が重要です。

アルギニンは確かにペニス増大・男性ホルモン増大に必要な成分なのですが、体の外部からの吸収率があまりよくありません。

せっかく豊富なアルギニンを摂取しても、ほとんど使われずに排出されてしまいます。これがアルギニンだけではペニス増大効果が現れない理由です。

一方、シトルリンはアルギニンに比べて吸収率が高いのが特徴です。

シトルリンを摂取して、体の中でアルギニンへの変換を待った方が効率良くアルギニンを摂取できる場合があります。だからペニス増大サプリではシトルリンが一番注目されているんです。

ペニスを大きくするためには、増大成分の吸収率を高めることに気をつけなければなりません。

シトルリンの吸収率をさらに高める総合成分型ペニス増大サプリ

以前の記事でもまとめたように、シトルリンやアルギニンが効果を発揮するためには、体への吸収率を高めることが重要です。

>> シトルリンが効果を発揮するために必要なものとは?(内部リンク)

総合成分型と呼ばれるペニス増大サプリには、シトルリンとアルギニンの吸収率を高くする成分が配合されています。これがシトルリンのみのサプリ・アルギニンのみのサプリと決定的に違う理由です。

総合成分型ペニス増大サプリの代表「バリテイン」

トンカットアリ・トリプトファン・チロシンといったアミノ酸成分がシトルリンとアルギニンの吸収を助けます。

また、マカ・クラチャイダムといった植物由来成分が精力アップの効果を促進させて、アルギニンによる男性ホルモンの分泌増大を補助します。

ペニス増大専用に作られているサプリは、単に成分を詰め込んで値段を高くしているわけではなく、全ての配合成分に上記のような理由があります。だからペニスが大きくなるんです。

ペニス増大にはシトルリンもアルギニンも欠かせません。そしてその効果を最大限に発揮させる保持成分の効果も欠かせません。

ペニスを大きくするのなら、ペニスを大きくするためだけに作られた「総合成分型のペニス増大サプリ」が一番ペニス増大効果を発揮してくれるはずですよ!

よろしければシェアをお願いします。