1. ホーム
  2. 精力アップ方法
  3. ≫夫婦の不仲はセックスで改善できる!セックスを充実させる方法

夫婦の不仲はセックスで改善できる!セックスを充実させる方法

man_nayamu_10

結婚してしばらく経つと、夫婦関係が冷え込むことがあります。

いわゆる「倦怠期」というやつですが、結婚後1年、3年、5年、10年・・・と区切りの年で夫婦仲が悪くなることが多いみたいですね。

夫婦仲が悪くなる原因はいろいろあるのですが、その中で大きな原因となるのが夫婦の夜の営み、つまり夫婦間のセックスレスです。

夫婦間のセックスレスは、どちらかの気分が冷めてしまって起こること。

一方は相手の体を求めるのに、もう一方はその気になれない。

お互いの気持がズレたまま悶々と過ごすうちに、いつしか修復不可能なくらい夫婦仲が悪くなってしまうこともあるようです。

それが全てではありませんが、夫婦仲が悪くなるきっかけにはなりますね。

男性側が拒否することも多い

夫婦のセックスレスというと、「男性が求めるのに女性が応えられない」ということをイメージすると思いますが、実は「女性が求めるのに男性が応えられない」というケースと半々くらいです。

man_nayamu_04

「30させごろ、40しごろ、50ござがき(ござむしり)」

という言葉をご存知ですか?

女性は年齢を重ねるごとに性欲が増していき、50代になるとゴザをむしるほどセックスが気持ちよくなるという現象を表した言葉です。

一般的に、女性は年齢を重ねるほど感度がよくなり、性欲が増していきます。

一方で、男性は年齢を重ねるほど、体力の低下とともに性欲も減退していきます。特に長年一緒にいるパートナーには「家族」という気持ちが強くなり、性的に興奮しなくなるのです。

このギャップが夫婦間のセックスレスを生み、その積み重ねが夫婦仲の悪化へと発展していきます。

精力剤で夫婦仲の問題も解消する!

もし、夫婦仲の悪化が、男性側の精力の問題であるなら、精力剤を使って解決することをおすすめします。

< 精力アップとペニス増大に効果のある「バリテイン」>

精力剤というと、スッポンエキスや朝鮮人参などの漢方などをイメージするかもしれませんが、そのような曖昧なものではなく、化学的に効果が立証されている成分が配合されたサプリメントです。

具体的には、シトルリン・アルギニン・トンカットアリといった、アミノ酸成分が配合された精力剤です。

これらアミノ酸成分の効果で、

男性ホルモンの分泌量が増大

して

ペニスの血行が増大

します。

男性ホルモンの分泌量が増大

男性ホルモンの分泌量は、性欲に関係します。

女性の裸を見たり、女性の裸に触れて性的なスイッチが入ったときに、男性ホルモンが分泌して性的に興奮します。

このとき、男性ホルモンの分泌量が多いほど、ムラムラとした性欲が大きくなり、燃え上がるような精力が湧き上がります。

それは、すでに反応しなくなった奥さんの体でも同じです。

奥さんの体でもちょっとした刺激で、たちどころに性欲が湧き上がって、ムラムラとした気分になるはずです。

ペニスの血行が増大

男性ホルモンが分泌されると、ペニスの血行も増大して、ペニスが硬く大きく勃起します。

若い時は、細胞も血管も健康なので、すぐに血流が増大して大きく勃起するのですが、加齢とともに血管も広がりにくくなり、血流が悪くなります。

これが、勃起が長持ちしなかったり、中折れしたり、勃起しない原因です。

精力剤に含まれる「シトルリン」の効果で、性的に興奮したときに、ペニスの血行が増大しやすくなり、若いころのような「いきり立つ勃起力」が戻ります。

ペニスの血管が広がりやすくなっているので、勃起も長持ちするようになり、体力の低下とともに落ちた精力も長続きするようになります。

夫婦仲の維持にセックスは重要です

セックスひとつで夫婦仲が変わるのか?と思う方もいるかもしれません。

もちろん、価値観の違いとか長年積み重ねてきた部分もありますが、セックスレスは夫婦仲の根本を変えるほど重要なことなんです。

もし、あなたの性欲の無さ、勃起不全など、男性側が原因でセックスレスになっているのだとしたら、ぜひ精力剤を飲むことをおすすめします。

奥さんを不満にさせることがないように、性欲を取り戻して、もう一度燃え上がるようなセックスをしてみてください。

性欲増強に効果のある「バリテイン」はコチラから注文できます▼

よろしければシェアをお願いします。

ヴォルスター注文バナー