加齢とともに早漏になり彼女に満足してもらえない

もともと遅い方だった

私は今29歳なのですが、最近早漏になりはじめています。

もちろん行為中は気持ちいいのですが、彼女には満足してもらえていないので、セックスに対して自信がなくなってきています。

22歳の時、初めて経験をしてから最近まではむしろ遅漏の部類に入る方だったと思います。挿入時間が1時間を超えることもあったので当時の彼女に「もうやめて」と言われることも何度かありました。

当時は精力も体力の旺盛だったので、3~4回できましたし、彼女の気持ちよさそうな顔見たさにずっと腰を振っていました。

その当時は人より遅いという認識があったので、少なからず悩みもありました。

長く挿入していると彼女の中が乾いてきて「擦れて痛い」と言われたり、射精感がなかなかこみ上げてこないのでいまいち気持ちよくなれなかったりしたこともありました。

そんなこともあり、この時はもっと早く射精できたらいいなと思っていたくらいで、まさか今のような状況になるとは思ってもいませんでした。

いつの間にか早漏に

「あれ、イクの早いな」と思い始めたのは最近の話です。

2ヶ月ぶりにセックスをした時のことです。挿入して2~3分経ったところで、突然射精感がこみ上げてきました。

挿入してこんなに早く出そうになったことはなかったので、自分でもびっくりして一度動きを止めて深呼吸しました。

その時は結局10分くらい持ちこたえて射精しました。いつもの感じと違うことに少し戸惑いましたが、彼女はいつもより早いことに満足してくれていました。

セックスをしなかった2ヶ月の間オナニーは普通にしていましたが、挿入が久しぶりだったので、気持ちよくなったのかな、くらいにしか思っていませんでした。

しかし、この時以来、挿入から射精までの時間がどんどん早くなっていったのです。

私達のセックスは彼女の騎乗位から始まることが多いのですが、ひどい時は彼女が動き出してから1分も経たずに射精してしまったこともあります。

それまでは、「遅いより早いほうがいい」と言ってくれていた彼女もさすがに呆れ顔になっていて、私は苦笑いするしかありませんでした。

すぐ出るなら回数で彼女を満足させられればいいのですが、回数をこなすこともなかなかできず、絶好調であればやっと2回できるというのが現状です。

解決法はないのか?

早漏になってきているといってもまだ20代、ということでまだまだ改善の余地はあるはずだと思い、早漏の解決法がないものかと自分なりに情報収集しました。

加齢による早漏は体力低下による精力の低下が大きな原因だと考えられました。

解決策としては、体力アップ、サプリなどで精力アップが考えられ、早漏が解決するまでは前戯を長くして彼女を満足してもらうという結論に至りました。

私の理想は相手も自分も気持ちよくなって満足できるセックスです。今の状態ではどちらも消化不良の状態と言えます。

最近セックスすることがあったので、とりあえず自分なりに前戯を頑張ってみました。

挿入してから射精までの時間は相変わらず早かったですが、いつもより彼女も満足してくれていた様子でした。

少し手応えを掴んだものの、早漏の解決にはなっていないので、これから体力、精力アップを試していくつもりです。

まだまだ、衰えには早いと自分に言い聞かせてよりよいセックスライフを送れるように努力していきたいと思います。